雅遊・・・手応えある余生・・・



トップページ ときめきらいふクラブ ヨガ 囲碁 話し方教室 お問い合わせ

 所沢ヨガ教室オープン

所沢市久米でヨガ教室を開講しました。ヨガの先生が都合によりやめたので、その後任として所沢市から依頼され久米のヨガサークル責任者と会い、ヨガの先生を引き受けました。毎月、第1火曜、第3火曜の月2回、10:00〜11:30です。生徒はシニア世代で、女性6人、男性3人です。4回やりましたが、皆さん熱心にレッスンを受けていますので。やりがいがあります。 いろいろ学ぶことが多いです。 12月20日の内容です。
1.日時:2016年12月20日(火)10:00〜11:30
2.場所:所沢市久米下組集会所
3.出席者:7名(女性5名、男性2名)
4.レッスン内容
  (1)瞑想、合掌
  (2)足の準備体操
  (3)全開前屈
     @ 全開太股付根叩き
     A 側筋伸ばし
     B 全開前屈
  (4)内臓刺激      @ 胃、肝臓刺激
     A 同上2種矯正
  (5)五体投地法
  (6)アーサナ
     @ コブラのポーズ
     A 弓のポーズ
  (7)呼吸法・瞑想
  (8)愛の行法
  (9)瞑想、合掌

 

人生の後半楽しんでいます! 

私の母校名古屋大学から名古屋大学土木系教室同窓会・鏡ヶ池会発行の銀しゃちへの投稿依頼がありました。特集「シニアライフ」のテーマとのこと、私も今楽しんでいる元気な自分を後輩の方たちに紹介すれば生き方の参考になるかなと思い思い切って投稿しました。私の活動としては、ヨガ、囲碁、健康生きがいづくりアドバイザー活動、話し方教室等ありますが、今回はヨガについて紹介しました。皆様の健康づくりの参考として、お役に立てれば嬉しく思います。投稿記事を添付しますのでぜひご一読ください。
人生の後半楽しんでいます
 

  私のヨガ体験談

私がヨガに出会ったのは9年前でした。現息引退間近で、体重70キロ前後、足がだるく、常に疲労感が有り、体力が落ちたなと実感していました。何かせねばと思っていたとき、私が入会していた日本交通協会での聴講で、偶然、ヨガに出会ったのです。早速、藤本ヨガ学院に入会、私のヨガ人生が始まりました。最初は月1〜2回のゆっくりペース、私の転機は合宿への参加で訪れました。4泊5日の合宿で、朝の散歩、ヨガのポーズ、呼吸法、瞑想、院長先生の講和、先輩たちの体験談、親睦会等メニューが豊富、毎日が楽しくあっという間の一時でした。体重が3キロ減ったのには驚きました。また、何よりも、気分爽快、生きていることの幸せを実感したことです。これですっかりヨガが好きになりました。東京に帰ってから、ヨガのペースが週1回となり、その後、カレッジコースに進み、現在は、指導士資格を取得、ヨガ修行の毎日を送っています。ヨガの魅力を整理すると、@体重が10キロ近く減ったこと、A風邪、花粉症に悩まされなくなったこと、B猫背が治り姿勢がよくなったこと、C腹式呼吸を学び、呼吸が長く、深まったこと、Dプラス思考が身につき、何事にも前向きに、積極的に取り組めるようになったこと、等多くのことを体得しました。このようにヨガは多くの神秘的な力を有しており、本来の健康な自分復帰への救世主なのです。心身ともに健康になり、社会貢献できれば、と願っております。興味をもたれた方は一度体験してみませんか。きっと、今までの自分が変わると思いますよ。四谷の教場でお待ちしております。
 

 ヨガのレッスン

ヨガレッスンは四ツ谷駅より徒歩3分にある「health step yoga studio」(藤本ヨガ学院より独立)で実施しております。レッスンは木曜日が定休で、午前、午後、夜のクラスに分かれております。責任者はサイコウ先生、月曜、水曜は関山先生が一部担当しています。月初めの土曜、日曜は松山から宮崎先生が来られ、指導されます。レッスンは合掌の挨拶から始まり、足指、足首の解し、回しによる準備運動、側筋伸ばし、全開前屈により体を柔軟にし、アーサナに入る前の体の準備を行います。その後、骨盤体操。胃肝臓、腎臓、大腸刺激を行い、アーサナに入ります。会員の体調に合わせ、必要なアーサナを選択、時には、ハードな太陽礼拝法、合掌礼拝法を行います。ヨガでは他人と比べないということが大切、自分が今できることをヨガの正しい要領で行い、自分の限界を少しづつ自分の目標に近づける、これが大切なのです。呼吸を意識し、ポーズが少しづつ上達すると、心にも良い影響を与え、心が静まり、何事も前向きに取り組めるようになります。集中力も高まります。免疫力を高め、病気にかかりにくい体にします。これは非常にすごいことだと思います。丈夫な体が作れると、長い時間瞑想できるようになり、ヨガの目標とする本当の自分に出会う準備が整うのです。ご関心のある方一度いらしてください。
 

 ヨガのアーサナの紹介

皆さんこんにちは、私は四谷教場でヨガを修行しております。ヨガは男女の別なく、年齢に関係なく誰でも楽しめる人生の目標を探求する修行法であり、心身の健康法でもあります。それではヨガの世界を覗いてみましょう。アーサナとはヨガのポーズのことで、本来の目的は、長時間瞑想できる安定した座法のことです。 ヨガのアーサ名について紹介します。
1.全開、側筋伸ばし
足を全開に開き側筋を伸ばすポーズです。
この効果は
 @老化防止、心身の若返り
 A身体の左右のねじれ、歪みの解消
にあります。
左手をお尻の横、吸う息で右手を大きく後ろから肩甲骨を回すように上にあげ、ウェストを左にねじり、吐く息で右手を肘を伸ばしたまま左足小指をめざし倒していきます。側筋が伸びているのを実感します。深く吐き切ります。終われば吸う息で戻し、反対側も同様に行います。左右合わせて8回行い、やり難いほうで2回行います。

2.全開前屈
足を全開に開き、腰を入れ、前屈するポーズです。
この効果は、
 @老化防止、心身の若返り、
 Aホルモンを分泌し、肌艶がよくなる、
 B腰のゆがみを解消する、
 C美しいヒップラインをつくる、
ことです。
腰を入れ、両手は前の床につけ、吸う息で背骨を伸ばし、吐く息でおへそを床につけるように上体を前屈する。背骨を伸ばした状態で、両手を少しずつ前に進める。自分の完成ポーズで深い呼吸、吐き切る呼吸に集中する。8呼吸する。周りの人と比べない。無理して前屈すると背中が曲がり、これはよくない。

3.骨盤体操(開く)
両膝を立て外に開くポーズです。
この効果は、
 @骨盤のゆがみを解消する、
 A心身をリラックスさせる、B安産の代表的なポーズ、といわれています。
吸う息で両膝を立て、両手胸の前で合掌、吐く息で両膝を外に開き床に着けようとする。両手は5本の指揃え、両肘伸ばし、頭上真上に伸ばし、深く吐き切る。吸う息で元に戻す。これを10〜20回繰り返す。
4.骨盤体操(閉じる)
両膝を立て大きく開き、内側に倒すポーズです。
この効果は
 @太股のぜい肉をとる、
 A腸の働きを良くする、
 B足腰の疲れを解消するポーズ、
と言われています。
吸う息で両膝を立て、広めに開き、吐く息で、左足を立てた状態で、右ひざを内側に倒す。左脚は壁として外に倒さない。右ひざを床に着けようとする。吸う息で元に戻す。反対側も同様に行う。これを交互に合わせて20回行う。
5.ハラアーサナ(鋤のポーズ)
肩や首の凝りがとれ、一気に疲労が回復するポーズです。
 @腰痛、神経痛、習慣性の便秘が解消する、
 A腹部や背中のたるみがとれすっきりした体になる、
効果があります。
仰向けになり、吐く息で両足を上にあげ、両足を頭の向こうの床に着ける。両手は肘を伸ばし指を組み、床に着ける。完成ポーズで、膝裏、アキレス腱を伸ばし、深い呼吸、吐き切る呼吸に集中する。吸う息で戻す。

6.ブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)
猫背、悪姿勢を正す、ポーズで、
 @腰がしっかりして気力がわき自信がつく、
 A生殖器、泌尿器の異常や腰痛を解消する、
効果があります。
うつ伏せになり、両手胸の横、吸う息で上体をそり上げる。肩を下げ、脇を締め、胸を突きだす。顎を出し視線は後方の一点に集中。

7.パシモタナアーサナ(前屈のポーズ)
老化を押しとどめ、心身共に若返りのポーズです。
 @便秘、下痢、糖尿、痔の解消、
 A腹部のぜい肉をとりヒップを引き締める、
効果があります。
長座になり両手の親指、人さし指、中指、の3本の指で足の親指をつかむ。吸う息で背骨を伸ばし、吐く息で上体を前に倒す。自分の完成ポーズで深い呼吸、吐き切る呼吸に集中する。膝裏、アキレス腱を伸ばす、背骨を伸ばすことに留意。吸う息で戻す。

8.ダヌラアーサナ(弓のポーズ)
痩身の代表ポーズです。
 @便秘、腰痛、消化不良、リュウマチの解消、
 A肝臓、腎臓、心臓を強化する、
効果があります。
うつ伏せになり両手で両足の足首を持ち、吸う息で下肢の力で上半身、下半身同時にそり上げる。足を後ろに伸ばし、腕を後ろに引っ張る。完成ポーズで吐き切る呼吸に集中。吐く息で戻す。

9.シルシアーサナ
「頭がよくなるポーズ」でヨーガのアーサナの王様と言われております。
 @内臓下垂をはじめ、たって生活することによっておこるすべての異常を解消、
 A頭痛、腹痛、不眠症、消化不良、内臓の疲れを解消する、
効果があります。
正座から両手の指を組み、お尻を上げ、頭頂床に着け、両手で頭を囲う。膝を伸ばし、腰を上げ足を顔に近づける。ゆっくり両足をそろえてあげる。お腹、腰に力を入れ、足を天井に突き上げ、バランスをとる。ポーズが安定すれば、吐き切る呼吸に集中。吐く息で戻す。

10.アルダマツエンドラ・アーサナ(捻じりのポーズ)
たるんだウェストを引き締め、ウェスト、ヒップラインを美しくするポーズです。
 @身体や脊椎の捻じれを正し、腰痛、神経痛、背中や肩の痛みを癒す、
 A右ねじりは肝臓、左ねじりは胃を刺激して強化する、
効果があります。
長座から右ひざを立て、左足を引き寄せかかとを会陰につける。左手で右足首を持ち、右足を左脚の外側に置く。ゆっくり息を吐きながら上体を右に捻じる。視線は右後方。吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で胸を広げるように深く捻じる。吸う息で戻り整息、反対側も同様に行う。

11.マツヤ・アーサナ(魚のポーズ)
首や上背部がほぐれ、すっきりするポーズです。
 @風邪、喘息、気管支炎などの胸部の疾患に効果がある、
 A肺機能を高め呼吸が楽にできるようになる、
 B内臓の圧迫がとれ、便秘も解消する、
効果があります。
仰向けになり両足をそろえて膝裏、アキレス腱を伸ばす。軽くこぶしを握る。両肘を立て息を吸いながら両肘で床を押し、背中をそらせ顎を出して頭頂は床につける。両手を太股の上に軽く乗せ、肘は床につけず、肩を下げ、胸を広げ上体を深く反らせる。視線は床と平行の一点に集中。息を吐きながら顎を引いて背中を床につけシャバアーサナ。

12.マールジャーラ・アーサナ(猫のポーズ)
首や腰がほぐれて脊椎が柔軟になるポーズです。
 @目の疲れが解消する、
 A内臓の働きがよくなり若返る、
効果があります。
足とひざは揃えてつま先立ち、手の指揃え指先正面、よつんばい。 指先内側に向け、吐く息で背中を丸める。顎を引き、頭を中、吐き切る。吸う息で元に戻り、指先正面、一呼吸。吸う息でお腹を突出し、背筋をそらせる。視線は後方の一点。吸う息で元に戻り、一呼吸。つま先を立てたまま吸う息でお尻をかかとの上、手は肩幅で膝の前。息を吐きながら顎が床につくまで両手を前に、さらに胸が床につくまで前進。吸う息で戻る。

13.チャクラ・アーサナ(ブリッジ)
バストとヒップを発達させ美しいプロポーションをつくるポーズです。
 @腹筋、背筋を強力に刺激するため、便秘、消化不良、リュウマチを良くする、
 A前かがみの姿勢を正し、肺、心臓、肝臓を強化する、
効果があります。
仰向けのシャバアーサナの状態から足を腰幅にして膝を立て両手で足首を持つ。吸う息で腰を上げ、両手を肩幅で肩のところ逆手、息を吸いながら頭頂床、つま先立ち。息を吸いながら腕とひざを伸ばし腰を上げる。まず腕をまっすぐ伸ばし、次に足を延ばし、重心を上体へ。吐き切る呼吸に集中。息を吐きながら頭頂を床につけ、顎を引き、肩、背中、腰と床につけシャバアーサナ。 

14.瞑想
瞑想の目的は
 @「私は誰か」
 A「神とは何か」
 B「真理とは何か」
これらのいずれかに集中することである。
真理への叡智や洞察力が輝きだします。
ヨーガの座法で座る。両手は膝の上で印を結ぶ。目を閉じて眉間の少し上に、光または自分の信じる聖なるものを意識し、その光または聖なるものに集中する。さらに進めば、集中している自分にもうひとりの自分が集中する。







Copyright © 2008 雅遊のホームページ All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座